喪服はある日突然必要になります。ネットで買えば翌日着も

喪服を購入する日は急にやってくる

お葬式というものは、急にやってきます。 お葬式の時に必要なのが喪服で20代で痩せていた時に購入していたものは30代の半ばにもなると自分の体型がかわり着れなくなっていました。

着れなかったので近所のお葬式ができたときは、主人にいってもらっていましたが親戚ともなるとそうはいきません。 あわてて大手スーパーに買いに行きました。 セットで1万7千円くらいのものが妥当でした。

喪服ばかりをとりあつかっているお店は、さわりごこちもよく高いのが理解できました。 良いものを買えばよいのですが体型が変わった分慎重になりとりあえず今いるものを安く購入する考えでした。 デザインにこだわりがなければ安いものをさがせばあります。 もっと身内になると葬儀場で借りる方がよいかもしれないです。 購入しに行く時間がある場合はいいですがない場合もあります。

喪服は大人になると1枚は必要な品ですよね、

普段は着ることはないのですが。 私のイメージでは、結婚したら必要かな、と思います。

結婚する前までなら、喪服でなくても黒のスーツで男性でも女性でもいけると思うんです。

あんまり若いときに買っても滅多に出番がくるものじゃないし、体型が変わる恐れもあるので いつが買い時かは微妙ですよね。。 まあ自分の親を見ると自分がどういう体質かもわかるしその辺を考慮して買うことをおすすめします。 でも喪服って、みんな1着なのかな?それとも年齢に合わせて買い替えたりするのかな? まあ入らなくなったらかうしかないですけどね。

略式と女性の喪服について

日本の葬儀の際の喪服について気になることは、男性の略式礼服一辺倒と女性喪主の和服です。

外国では略式礼服のようなものは少なく、各人が濃紺や黒に近いスーツに濃紺や黒のネクタイをして いる場合が多いように思います。 日本人男性の略式礼服は学校の制服のようで、個性がまったくありません。 そして喪主の女性は和服を着るのが正装らしくその場合が多いのですが、同じ喪主の男性 は略式礼服の場合が多くバランスが取れていません。


日本で今のような黒い喪服が一般的になったのは戦後だという話を、聞いたことがあります。 それ以前は、特に遺族の女性は白か水浅黄の着物を着るのが、ふつうだったというのです。


そういわれて気がついたのが、歌舞伎。 私は歌舞伎が好きで、たまに見に行きます。 歌舞伎の弔いのシーンでは、特に武家の登場人物は、男でも白か浅黄の衣装です。有名な「忠臣蔵」でも、これから切腹という場面は、やはりそういう衣装を着ています。

それが、みんな「黒」になったのは、戦争の影響だとか。 戦争の空襲で多くの人が喪服を失ってしまい、貸衣装を利用するようになった。 使いまわして着る貸衣装では、白い着物は汚れがめだってしまう。 そこで黒に染め直して貸し出した、ということだそうです。

女性用の喪服を買うなら>>http://喪服-女性.com/ですぐ届くネット通販や大きいサイズを扱っているところなどを紹介しています。


今でもたまに、女性の参列者が水浅黄や、ねずみがかったような落ち着いた紫のきものを着ているのを見かけることがあります。 あれはたいへん美しいものです。

また、テレビのニュースで、歌舞伎役者の葬儀を中継しているのをみても、遺族や関係者の女性は白いきものをよく着ています。 戦後ももう70年ちかくたつのですから、そろそろ昔に戻してもいいように思います。


喪服についてのコラム

母が私やお父さんが亡くなった時に着てね。と私たち姉妹のために10年以上前から喪服を用意してくれていた。 そんな日はまだまだ先と思っていたけど母はつい最近あっけなく逝ってしまった。 喪服は着付けも大変だし長時間着ているのも辛いからどうしようと姉と悩んだのだけど、せっかくお母さんが用意してくれたんだし着ることにした。着てみると私たちの体系にぴったりで母の愛を感じた。 一つ残念だったのが皆の前であいさつをして皆に見送られながら写真を持って歩いているとき姉の草履の裏側が全部べロリとはがれてしまい少し恥ずかしい思いをしたことです。 新品だったけどずっと押し入れに入れていたからむせてしまったのでしょうね。。

喪服のマナーについて

喪服と言えば黒が基調になっている事が基本ですよね。 しかし私は先日喪服になんと赤いイヤリングをつけている女性を見かけました。 あれってマナー的にどうなのでしょうか。 いくらアクセサリーだからと言って、真っ赤は流石になしだと思うのですが、堂々とあんな目立つものとつけてくる神経がわかりません。 遺族の方も結構驚いていましたし、そういうところのマナーはきちんとするべきですよね。


友人の結婚式で真っ白なドレスを着るようなものだとわからないのでしょうか。 喪服はひたすら守りに入るのが賢明です。

例えば、若い時期に購入したする際、やはり若いのだから、と、ちょっとフレアーがあるなど、かわいいテイストを入れてしまうと、結婚した際、また年齢を経た際、非常識な人になってしまいます。

買い替えるのならいいんですけどね。


逆の場合、若いのに地味すぎと言われたとしても問題はないのです。 何故なら目立っていい席ではないので。 どちらかというと待ってましたとばかり新品を着ていく方が、ひんしゅくものです。

喪服はひたすら守りに徹すれば問題は起きません。

若い頃はあまりお葬式やお通夜に出席する機会も少なく、とりあえず黒い服を着ていけばいいと思っていました。 でもある程度の年齢になると喪服は一着はきちんとしたのを持っておかないとと思いつつ何年経ったでしょうか? 結婚を機に購入するつもりが結局後回しになっていました。 今までは略式喪服でもいいかなと思っていましたが、歳を考えるとそろそろちゃんとした喪服をもっていないとダメだなぁと実感。

つい先日、友人のお兄さんが亡くなり急遽お通夜に出席することになったのでこれを機に喪服を購入することにしました。 始めはちょうど百貨店がセールをやっている時期で初めてブラックフォーマルのフロアへ足を運びました。 もともとのお値段が結構するのでセールでも平均で3万円位~でした。 長く着やすいベーシックなデザインが良かったので中はワンピースで上にノーカラージャケットを羽織るタイプのセットで購入しました。